福岡観光のレジャースポット都市と港が交わる場所|ベイサイドプレイス博多

ベイサイドから「船旅のススメ」(夏編)。

2017.8.13シェアするシェアするツイートツイートする

ベイサイドプレイス博多に隣接する博多港第一ターミナルは色々な行き先の船が発着しています。今回はベイサイドからで手ぶらで楽しめる「船旅のススメ(夏編)」をご紹介。少しボリューミーな記事ですが、楽しめる情報がたくさんあります、まだまだ夏を楽しんで行きましょう!

■福岡市営納涼船
noryosen

福岡を代表する夏の風物詩の一つで、夏休み期間の週末に限定で運航している「福岡市営納涼船」。コースはベイサイドから約75分かけて博多湾をクルージングし、志賀島沖、能古島沖、シーサイドももち沖など博多湾内を周遊します。こちらは人気の納涼船なので事前のご予約をお忘れなく!

【日程】2017年7月21日(金)~2017年8月27日(日) の金・土・日曜日・祝日。
【時間】19時00分~20時15分
【料金】大人(中学生以上)1000円、小児(1歳以上小学生以下)500円
※1歳以上~小学生未満のお子様は,大人1名につき1名無料。
【定員】各日150名(先着順)
【事前申込】必要
【申込期間】平成29年7月3日~平成29年8月27日(9時00分~18時00分)
【申込方法】原則,お電話でのお申込みとなります。
【問合せ先】港湾空港局総務部客船事務所
【TEL】092-291-1085

浴衣で納涼船、というのもまた粋な大人の楽しみ方。友達同士や家族、カップルでの夜景の名所を巡る、ロマンチックでステキなひと時、納涼船で涼しげな夏夜をお楽しみください。

運行日時、予約等は下記URLからご確認ください。
詳細ページ【福岡市営渡船】
 

 

海の中道への直行便「うみなかライン」
page01_image03

ベイサイドから海の中道までを結ぶ「うみなかライン」。海の中道まで、車や電車では渋滞や混雑が起こる事もしばしばですが、この「うみなかライン」ではあっという間、快適に向かうことができます!

海に囲まれた自然豊かな公園「海の中道海浜公園」では開放的なロケーションのデイキ ャンプ場で出来るバーベキューが人気。夏の間、期間限定でオープンする「サンシャインプール」や、夏の時期は営業時間を延長して「夜のすいぞくかん」を開催中の「マリンワールド海の中道」もおすすめです!

ちなみに「サンシャインプール」はベイサイドプレイス乗船券売場で、往復乗船券とプールの入場券がセットで割引となった、おトクな「セット券」も販売しています。

更にお車で博多ふ頭までお越しの方で、海浜公園・マリンワールドご利用のお客様は、同施設窓口で駐車券を提出されますと博多ふ頭での駐車料金が通常30分100円のところ、1日200円(夜10時まで)でご利用できます。割引は「福岡市営駐車場のみ(map 3の上階)」です。
詳細ページ【安田汽船産業】

 

■博多から壱岐・対馬航路 「ジェットフォイル」

博多ふ頭から「ジェットフォイル」で1時間強、長崎県壱岐。

壱岐と言えば・・・まずはきれいな海!!
その中でも、筒城浜は、環境省選定「快水浴場百選」に選ばれた壱岐随一のビーチ。白くてきめの細かい砂浜は、約600m続き、遠浅で波も穏やかなため、この時期たくさんの海水浴客で賑わいます。キャンプ場やバーベキュー広場、テニスコート等の施設が整備された筒城浜ふれあい広場と隣接しており、壱岐の夏で一番賑わうスポットです。
tsutsukihama

またその恵まれた海からとれる海の幸は絶品!数多い刺身の中でも、今のシーズンはやはりウニ!!壱岐の島を囲む海底には、ワカメやモズクなどのウニのエサとなる海藻が多く、えさをたっぷり食べて育つ壱岐のウニはとっても美味しいんです。
豪快にどんぶりで頂いちゃいましょう。
 uniunidon

 

そして壱岐のお酒といえば、島内に7つの蔵元がある壱岐焼酎(麦)。壱岐焼酎の歴史は16世紀まで遡り、麦焼酎発祥の地と云われています。原料を米麹1/3に対して大麦2/3を使用した壱岐独特の製法で、麦の香りと米麹を使用することによる天然の甘味が特長の本格焼酎です。
ikisyotyu
伝統の壱岐焼酎を飲みながら、新鮮な魚を頂いちゃう、そんなオツなひと時は日本人に生まれて良かった、と思う瞬間!!

詳細ベージ【九州郵船】

 

 

ところで、旅行に行く時、うっかり忘れ物をしてしまったって経験ありませんか?

 

ご安心ください。ベイサイドには地球文化屋プリンセスローズマツモトキヨシファミリーマートがあるので、旅行に関するグッズをここで揃えたり買い足したりできます。

 

また、船に乗る前や降りた後に小腹が空いた時は、第一ターミナル内のC館にある海鷹でカレーやラーメン、伊三郎製パンで100円パン、ペチカでロシアンクレープ、オープンしたてのLUPOでパニーノなどイートインやテイクアウトも出来るのでバッチリです!

旅の帰りにはみなと温泉波葉の湯に寄って、汗と疲れを落として帰る、なんていうのも良いですよね。

 

まだまだ遅くない、夏の思い出作りに、ベイサイドからちょっとした船旅はいかがでしょうか?

ベイサイドプレイス博多公式フェイスブックベイサイドプレイス博多公式フェイスブック